第31節@清水戦(アイスタ)

清水2−2川崎

清水:カルリーニョス・ジュニオ、へナト・アウグスト
川崎:田中、山根

優勝決定戦明けの初戦です。モチベーションの維持が心配でしたが、モチベーションとは関係なく早々にノボリが怪我で交代。車屋も前節の怪我があり居ないので代わりに旗手をLSBで使うという荒療治を施します。練習なんかしてないでしょうからあまり機能していませんでしたがよくやってくれたと思います。

清水はうちに5失点を2試合くらっているのでモチベーションは高く、また監督交代からそこそこ調子は上向き傾向。試合は常にリードされる厳しい展開でしたが田中碧、山根のゴールでなんとか引き分けました。

優勝の後なので「まあしょうがないよね」ということと、ノボリ、大島の不在が大きく響いたと思います。まあ記録も大事ですが、ピークは天皇杯にもってくということで。少しでもよいので若手を使ってみては?

最後に、清水の「ガードオブオナー」感動しました。来年もよい戦いを期待します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました