東京オリンピックサッカーグループステージ第2戦@メキシコ戦(埼スタ)

日本2-1メキシコ

日本:久保、堂安(PK)

試合の入りが全てでした。フランス戦の内容からして相当な苦戦を想定していました。日本を舐めていたのかもしれませんね。開始10分程で強烈なパンチを2発食らった訳ですから。ネジを締め直してからは案の定攻め込まれました。実力通りならこうなっていたでしょうね。ただメキシコの決定的場面は少なかった印象です。スカウティングも良く選手たちは忠実に戦術を実行したのだと思います。チームとして良い結果を残せたのではないでしょうか。

ただ反省点も大いにあります。上田、三笘の投入意図が見えませんでした。というより意志の統一が図れていませんでした。攻めるのか、守るのか。2人交代後に相手に退場者が出た上で一点返されていましたから。怪我明けの上田と三笘のリハビリも大事ですがあそこは守りに徹するべきでした。グラウンド内での解決力が課題です。フランス戦ではこのようなことが無い様に。

まあこの勝利で勝点6の首位になりました。フランス戦、引き分け以上でグループステージ突破です。どうせなら3連勝を目指して欲しいですし可能だと思います。中2日で厳しい戦いが続きます。イエローも溜まってきました。何気にフランス戦が一番厳しい戦いになる可能性がありそうです。人選も含めてチーム力が試されます。

 

メダルラッシュ

自国開催とはいえ日本勢の活躍は素晴らしいですね。今日7/26まで既に金6個、銀1個、銅2個です。今日はスケボーで13歳の女の子が金ですよ。13歳…浅田真央さんがあの時出ていたら…タラレバはいけませんがそう思わずにはいられませんね。

ちょっと水泳の勢いが弱い感じがしますが(大橋選手は素晴らしかったですが)、柔道も全階級でメダル獲得中です。その他全ては追いかけられていませんがこの調子で日本を盛り上げてほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました