東京オリンピックサッカー男子準決勝@スペイン戦(埼スタ)

日本0-0スペイン

延長:0-1
スペイン:アセンシオ

こういう相手だと一瞬の隙も見逃してもらえません。失点シーンは相手のスローインからでした。Jリーグでもよくありますね。リスタートからの失点というやつです。強いチームはそこを突いてきます。日本のメンバーを見てもわかる通りヨーロッパ勢は多くなりましたが上位チームでレギュラーは張っている選手はいません。この辺の差が出たと思います。

この差を埋めるにはヨーロッパの5大リーグで鍛えるしかないのでしょうか?ワールドカップでのベルギー戦、そして今回のスペイン戦とあと一歩の所で悔しい結果となってしまったことはその辺に理由があるのかもしれませんね。5大リーグの上位クラブでレギュラーを担える選手がチームに4〜5人いれば決勝、優勝に近づけるのでしょう。まだまだ先は長そうです。(Jリーグチームを応援している身としては悔しいですが)

とは言っても準決勝に進出したことは立派ですしあと一歩までスペインを追い詰めたことは事実です。あとは何が必要か?もう得点力(攻撃力)しかありません。決定機としては旗手が落としての林のシュートくらいでしたか。チャンスの数は正直少なかったです。シュートは打っていましたがほとんどブロックされてしまっていました。こういう時戦犯を探しがちですが、誰が悪いとかよりも「もっと怖さを出せる選手」がただただ出てきて欲しいです。

ということで決勝はブラジルとスペインが対戦します。なんだかんだ国際大会らしい顔合わせになりました。正直今の日本に苦戦したスペインは決勝でブラジルに勝てるかというと厳しい気がしますね。もう正直どっちが勝ってもあまり興味はありませんが。

我が日本は銅メダルを掛けて3位決定戦に挑みます。相手はメキシコ。予選リーグの再戦です。モチベ的にはリベンジ的意味合いからも相手の方が高いでしょう。日本は切り替えられるかどうか。願望も含めて三笘に鬱憤を晴らしてもらいたいです。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました