20211012 2022カタールW杯アジア最終予選第4節@オーストラリア戦(埼玉スタジアム2002)

サッカー

日本2-1オーストラリア

日本;田中碧、OG
オーストラリア:フルスティッチ

オマーンとサウジに負け正に崖っぷちのサムライブルーです。世間は森保監督の指揮に疑問を持ち「あーしろ」「こーしろ」と好き勝手言っているように見えますが、今回ばかりは流石に擁護できない状態でした。頑なな人選、若手を呼んでも使う気なし。好不調関係なく同じ先発メンバー。まあ挙げたらキリがありません。解任論が出るのはやむを得ないを思います。

しかし昨日の試合、世間の意見を気にしてなのか知りませんが漸くフォーメンションと人選を変えてきました。そう守田と碧の起用です。フォーメーションはフロンターレでもお馴染みの4-3-3を使用。正直フロサポとしては守田のIHは違和感ありまくりなのですが、そこは碧との阿吽の呼吸で何とかなると踏んでるのでしょう。実際フロンターレではポジションはあってないようなものなので、それぞれがその時の最適なポジションを取れれば問題ありません。実際にも遠藤を中心に二人がバランスよくプレーできていたと思います。それにしても「森保さん遅えよ」と言いたくもなりますが、これで首の皮が繋がったというかまだまだ皮一枚ブランブランの状態なのは変わりないので11月のアウェーでも今回のように臨機応変に臨んでもらいたいと思います。

あと今後も引き続き4-3-3を継続する場合、三笘の招集は必須だと思います。ついでにIHとSBの要員として旗手・脇坂・橘田・山根を呼ぶべきだと思います。この戦術はIHとSBが肝になります。昨日のようにフロンターレ式4-3-3をするなら是非考えていただきたいです。

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました