20211212 天皇杯準決勝@大分戦(等々力)

フロンターレ

川崎1-1大分(PK4-5)

今年のフロンターレの活動はこの敗戦をもって終了。4冠を目指した2021年は結局リーグ戦の優勝のみとなりました。

日程終了後のメディアでの監督、選手のコメントの通りリーグ戦の成績は去年を凌ぐものでしたが、内容は決して圧倒したわけではなく大変苦しいものでした。特にウズベキ遠征後は厳しいもので、あのまま崩れてしまってもおかしくなく、よく踏ん張ったと思います。

既定路線通り鬼さんの続投が決定しました。しかし田中碧、三笘の抜けた穴は埋まったわけではありません。旗手の流出も噂(多分確定)があります。ジェジエウの怪我もあります。強化部は当然動いているでしょうが、ストーブリーグは決して少なくない出入りになると予感します。

噂では宇佐美(G大阪)、瀬古(横浜FC)、田中聡(湘南)等がありますね。宇佐美に関しては話半分以下と捉えていますが(笑)

 

この試合、報道の通りだとすると「オミクロン株」に感染した方の濃厚接触者(後に感染が発覚)が、症状があるにもかかわらず観戦し、その周辺で観戦していた70〜80人ほどが検査対象になりました。川崎市の保健所によると11人程がまだ連絡が取れていないということです。11人はもし会社等に知られた場合等を考えて言い出せないのなら何も悪いことはしていないので素直に申し出てほしいです。濃厚接触者本人は本当に迷惑極まりない野郎です。

アメリカから帰国し空港検疫で陽性判定を受け自宅待機の状態で他人と意図的に接触したこと。自宅待機中とおそらく知りながらその帰国者に会いに行ったこと。そして咳等の症状が出始めたにもかかわらず試合観戦に出かけたこと。わかっているだけでこれだけの非があることは明らかです。あんまり感情的になりたくないですが、この2年間Jリーグ全クラブに関わる人たちの苦労が水の泡になりかねない愚行だと思います。これは酌量の余地はありませんね。

天皇杯という別大会で100%観戦は無理があったのでしょうか。でも観戦者のモラルに頼るのには限界があるということなのでしょう。せっかく来年からは100%収容でいけると思っていたのに水をさされた格好になってしまいました。とりあえずこれ以上の感染者が増えないことを祈ります。(オミクロン株の市中感染は防げないでしょうけど)

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました