20220226 J1リーグ第2節@鹿島戦(カシマスタジアム)

フロンターレ

鹿島0-2川崎

川崎:知念、佐々木旭

昨年後半の戦いが出来ました。鬼さんの修正力に脱帽です。そして新戦力(チャナティップ、佐々木旭)の融合も同時進行です。まあ鹿島の調子がイマイチだったことを除いても良かったと思います。3連覇を目指すことにスポットが当たりすぎていた感があります。やっぱり一戦必勝です。

まず今日は佐々木旭です。修正箇所はありますが若さ溢れる勢いと確かな技術があります。慣れれば相当やってくれそうです。あとは谷口に指示されていたポジション修正と1試合戦えるスタミナが付いてくれればと思います。ノボリは悔しいでしょうね。良い競争が生まれることを期待します。

チャナティップも試合を重ねるごとに少しづつ良くなっています。少し玉離れが悪くなる時がありますが意外性のある方向へのドリブルは魅力的です。あとは連携さえ良くなっていけばというところです。

開幕2戦メンバーに入っていた大島、マルシーニョが外れました。大島は疲労を考慮してのこともあるかと思いますがマルシーニョは危機感が増したでしょう。理由はもちろん知念の活躍ですね。今日はCFでの先発でしたがWGとしてもそこそこ形になっていました。今日のように2TOPに移行もスムーズに出来ます。4-3-3と4-4-2を柔軟に切り替えられると大きく戦術が広がります。鬼さん、知念の取り扱いの最適解をようやく見つけたのかもしれません。今年一年楽しみです。

しかし何と言っても今日は谷口、山村を中心にディフェンス陣がよく頑張りました。繋げない鹿島は途中から蹴り始めました。最後まで集中して跳ね返していたと思います。(セカンドボールもよく回収出来ていましたし、前線の守備ももちろん良かったです)

中二日でしたが最後まで皆集中できていました。鬼さん含めよくここまでモチベーションを持ってきました。しかし5連戦のまだ3戦目です。なかなか今年はシーズン最初からハードな戦いが続きますが一戦必勝です。

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました