20220514 Jリーグ第13節@福岡戦(等々力)

フロンターレ

川崎2-0福岡

得点者
川崎:遠野、車屋

試合前、等々力球場にて野球観戦。

首都大学リーグ、日体大VS帝京大の試合でした。侍ジャパンの栗山監督も視察に訪れていた試合です。注目は日体大の矢沢投手(4年)で大谷でお馴染みの『2刀流』だそうで、知っていたらもっと早く行くんだった。残念。日体大だけでしたが応援団の応援も聞けたし久しぶりに高揚感を覚えました。一昨年開場して最新の設備と綺麗になった等々力球場ですが都心からも近く、今後アマチュア野球の聖地になっていくと良いですね。

さて4月9日柏戦以来の等々力での試合です。相手はアビスパ福岡。昨年無敗記録を破られた相手になります。今年も堅守を武器に好成績を収めていて、フロンターレが一番苦戦しそうなチームになります。

結果は遠野と車屋の得点で勝利。福岡の堅守を打ち破りました。

この試合のキーマンは車屋。この日はCBからの楔の縦パスを福岡は相当警戒してきました。すると車屋は橘田と連携してビルドアップをスムーズに展開。FWがプレスを掛けてくれば橘田とのパス交換で回避し、引かれればドリブルで侵入していきます。結果前半は相手を相当走らせることに成功。後半の攻撃につなげることができたと思います。

相変わらずダミアンへの警戒が厳しいですが、三笘、旗手、田中碧が抜けたのだからしょうがありません。だいぶ平均得点は減ってしまいましたが、その分他のメンバーが点をまあまあ点をとっています。今年はこんな感じで進んでいくんですかね。でもダミアンには爆発してほしいですけど。

にほんブログ村 サッカーブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました